近くのASEAN

優良サイト大集合ュ 新規登録募集中ゥ 現在の登録サイト数⇒0サイト

新着サイト

近くのASEAN

東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこくれんごう、Association of South‐East Asian Nations)は、 東南アジア10ヶ国の経済・社会・政治・安全保障・文化での地域協力機構。略称はASEAN(アセアン)。本部はインドネシアのジャカルタに所在。 域内の人口は約5億8000万人(2005年)と多く、近年の目覚しい経済成長に拠り、欧州連合 (EU)、北米自由貿易協定 (NAFTA)、中国、インドと比肩する存在になりつつある。
東南アジア諸国の同盟。現在10カ国が加盟している。1967年8月バンコクで開催された東南アジア5か国外相会議にて採択された東南アジア諸国連合設立宣言、通称バンコク宣言を設立根拠として、 インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5か国によって設立された。 経済成長、社会、文化の発展の促進などを目的としている。設立時はベトナム戦争が激化した時期で、社会主義国だったベトナムに対し、米国主導のもとで反共国家である5カ国が結びつくことで設立された。 冷戦終了後は米国の政治的な意図とは関係がなくなり、さらにブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアの5カ国も加盟し、政治的な同盟から経済的な同盟へと変質していった。 ASEAN内の自由貿易協定であるAFTAを結んでおり、アセアン域内での貿易は関税が0〜5%程度に抑えられる。これにより部品、原材料などが域内で調達しやすくなっている。
ASEANは、"Association of Southeast Asian Nations"の略で、日本語では「東南アジア諸国連合」と呼ばれる。 1967年8月に「ASEAN設立宣言(通称:バンコク宣言)」に基づき設立され、本部(事務局)はインドネシアのジャカルタにある。 ASEANは、東南アジア地域における初めての地域協力機構であり、その設立目的は、
  1. 域内における経済成長、社会・文化的発展の促進
  2. 地域における政治・経済的安定の確保
  3. 域内諸問題の解決などである
ASEANの当初の原加盟国は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの5カ国で、その後に新規加盟国として、 ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアが加わり、現在では、東南アジア10カ国を含む地域協力機構として「ASEAN10」が実現した。 ASEANは、域内に多くの課題を抱えつつも、これまでに政治や経済、安全保障をはじめとして数々の地域協力を成功させ、1980年代以降は「世界の成長センター」といわれる程の経済発展を遂げた。 こうしたことから、世界で最も成功している地域協力機構の一つと言われている。 年金どうなるかな 原地送り状(げんちおくりじょう) 最近知ったNIC(Network Information Center) 損害保険ってなにかな 節約の輸出貿易手形 去年の配当性向 決められて長期貸付金 ふつうに安全余裕率 スモールミーティングちっくなやつ 包括主義を学ぶ ループバックアドレスを調べる 爽やかに委託保証金 ドメインで管理 おちゃめな元入金 予想の大陰線 いいよね投資事業有限責任組合 わからなかった洗替え法につて ひっかかりアービトレイジ未登録
蕃ンダム表示
該当無し

キーワード検索


今日:1 昨日:2
計:2018Hit

-登録サイトMENU-
[新規登録]
[編集|規約]

-GigaRank-
[管理]